一般的なクレジットカードの審査内容・何が評価されるの?

クレジットカードを作成するにあたり、審査がどのように行われて何が評価されているのか気になりますよね。審査基準や方法は大きく2つに分けられるようです。

クレジットカードの審査はまずコンピュータ

まず1つ目がコンピュータによる自動審査で、スコアリングシステムを使った審査です。年齢や勤務年数や雇用形態、年収など個人の属性情報に基づき、システムが自動で点数をつけていき合計の点数によって合否を判定する方法です。

カード会社によって合格に必要な点数が異なっているようです。これは審査の厳しいカード会社もあれば、比較的甘めのカード会社もあるということです。私の経験上では消費者金融系のクレジットカードは、比較的審査が甘いと思います。

インターネットで申し込んだ際に即座に合否判定が出るカード会社は、このシステムを採用しているのではないでしょうか。発行見合わせの案内がすぐに表示されると、少し凹んでしまいますよね。

2つめは人による信用審査

2つ目は人による人為的な審査です。コンピュータで自動審査できなかった場合や、申し込み情報に不審な点がある場合などに行われるようです。自動審査は完全ではなく、ある程度限界があります。

やはり最後には人の目が一番信用できる、ということでしょうね。その際に行われるのが個人信用情報機関に登録された、クレジットヒストリーの確認です。自動審査の段階でもクレジットヒストリーの情報を解析することができるようですが、最終的には人の目で判断となります。

既に別のクレジットカードを持っている場合、私たちのクレジット利用履歴は個人信用情報機関に記録されます。クレジットヒストリーには何枚カードを持っているのか、直近2年間の支払い状況や延滞履歴などが確認できます。

多くのカード会社はこの情報を確認して、申込者が信用に足る人物なのかを判断しているのです。例えば既に持っているカードで支払いが遅れてしまった場合、記録が残りますのでカード入会審査に影響します。

カード会社としても支払いが遅れた人を入会させて、同じように支払いが遅れてしまうことを未然に防ぐことができます。クレジットカードは会員の信用でお金を一旦立て替えてくれる、ということですね。

クレカの審査に通るためには何が必要?

それでは、審査に通りやすくするにはどうしたらよいのでしょうか。まずは申し込むカードによって、審査の難易度が異なるということを知る必要があります。銀行が発行しているクレジットカードは、一番審査が厳しいとされています。逆に消費者金融系や流通会社系のクレジットカードは、比較的甘めの審査のようです。

後者は元々お金を貸すことを目的にしていたり、顧客の集客を目的にしている場合が多いためですね。審査に自信がない方は、後者の比較的審査の甘いカードから申し込んでみましょう。

キャッシング枠を付けて申請する

またキャッシング枠を付けずに申し込むことも、一つの方法です。キャッシング枠は借入可能枠となりますので、借入額は年収の三分の一を超えてはならないという貸金業法に基づく審査項目が追加になります。余分な審査項目を省き、審査突破率を高めるというわけです。

支払い滞納を起こさない

最後に既にカードをお持ちの場合、できるだけ延滞を起こさないように支払い確認をまめに行うことです。口座引き落とし設定をすることが多いですが、口座に利用した金額が入金されているか確認しましょう。

振り込みで支払う場合は支払期日の数日前までに支払うと、安心できるでしょう。1か月以上の延滞が生じた場合はカード入会審査に影響がでるだけではなく、現在お使いのカードにも影響がある場合もあります。

延滞が起きるということは信用に足らないと判断されて、利用枠の制限やカード更新の見合わせなどが発生する可能性があるのです。クレジットカードを作れば、ETCカードや電子マネーなど便利な付帯カードも発行できます。

ETCカードが付帯!2018年会費無料おすすめETCカード

ただしそれらも会員とカード会社の信頼関係、信用があって初めて発行されるものと理解しておきましょう。